〜解説〜

12月25出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-9

The staple food in this region is tsampa. This is how they prepare it. You heat sand to a high temperature in an iron pan and then pour barleycorns onto it. They burst with a slight pop, whereupon you put the corns and the sand in a fine meshed sieve through which the sand runs; after this you grind the corn very small. The resulting meal is stirred up into a paste with butter tea or milk or beer, and then eaten. The Tibetans make a special cult of tsampa and have many ways of preparing it. We soon got accustomed to it, but never cared much for butter tea, which is usually made with rancid butter and is generally repugnant to Europeans. It is, however, universally drunk and appreciated by the Tibetans, who often drink as many as sixty cups in a day.The Tibetans of Kyirong, besides butter tea and tsampa, eat rice, buckwheat, maize, potatoes, turnips, onions, beans, and radishes. Meat is a rarity, for as Kyirong is a particularly holy place no animal is ever slaughtered there. Meat appeared on the table only when it had been brought in from another district or, more often, when bears or panthers left part of their prey uneaten. I never understood how this doctrine could be reconciled with the fact that every autumn some fifteen thousand sheep are driven through Kyirong bound for the slaughterhouses in Nepal and that the Tibetans levy export duty on them.


訳:


幸福の村-9

この辺の人々の主食といえばツァンパである。どのように用意するのか、というと…まず鉄鍋に砂を入れて高温に熱する。その上に大麦をかけると、ポンポンいって弾ける。今度はそれを目の細かいふるいにかけ、砂だけを下に落とす。これにバター茶や牛乳、ビールと一緒にこねてペースト状にして食べるのだ。チベットの人々はチャンパマニアであり、いろいろな食べ方をする。我々もすぐにこれに慣れたが、どうもバター茶だけはだめだった。これは通常、嫌なにおいのするバターで作るもので、一般的にヨーロッパ人には合わない。しかし、チベットの人々はこれが大好きで、一日に6杯は飲む。キロンの人々はバター茶とツァンパの他、米、そば、とうもろこし、じゃがいも、かぶ、豆、大根を食べる。肉を食すのは非常に稀だ。というのも、ここは聖なる土地であり、動物の解体作業は行わないのだ。食卓に肉が出るといえば、他の地域で肉を購入して来た時、それよりも頻度が高いのが、熊や豹の食べ残しの獲物が手に入った時だ。ここキロンでは、秋にチベットの食肉業者に向かう1万5千匹もの羊が通り過ぎ、通行税を課しているのだが、これが、先述の教えにどうやって相容れさせるのかが理解出来ない。


英語トップ前の解答へ次の解答へ