〜解説〜

1月15出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-10

At the very beginning of our stay we paid a call on the district authorities. Our travel document had already been delivered by a servant and the bonpo thought that we would go straight on into Nepal. That was by no means our intention, and we told him that we would like to stay for a while at Kyirong. He took this very calmly and promised, at our request, to report to Lhasa. We also visited the representative of Nepal, who described his country in the most attractive terms. We had meanwhile learned that Kopp, after staying a few days in the capital, had been pushed off to an internment camp in India. The seductions of automobiles, bicycles, and moving pictures which, we were told, we should find in Katmandu, made no appeal to us.
We could not really hope to get a residence permit from Lhasa, and if we went to Nepal we expected to be expelled into India. Accordingly, we decided to recruit our strength in this fairylike village and stay there till we had worked out a new plan of escape. We could not foresee then that we would stay nearly nine months in Kyirong.
We were not in the least bored. We filled exercise books with notes on the manners and customs of the Tibetans. On most days we went out to explore the neighborhood. Aufschneiter, who had been secretary of the Himalaya Institute in Munich, used his opportunities for mapmaking. There were only three names on the map of the region we had brought with us, but we now filled in more than two hundred. In fact we not only enjoyed our freedom but made practical use of it.


訳:


幸福の村-10

滞在を始めてすぐにまず、この地方の有力者の元に挨拶に出向いた。我々の旅行に関する文書は、既に召使にて届けられており、ベンポは我々がすぐにネパールに赴くものと思っていた。そんなことは我々の意に反することであり、しばらくキロンに滞在したい旨をベンポに伝えたところ、彼は穏やかにそれを聞き入れ、この申し入れをラサに伝えることを約束してくれた。
我々はネパールの外交官も訪問した。彼はネパールについて、とても魅力的な表現で語った。しばらく後で知ったのだが、コップは、カトマンズにほんの数日滞在しただけで、その後、インドの捕虜収容所に強制的に送られたそうである。カトマンズでは、自動車・自転車・映画などを楽しめるらしいが、そんなことに我々は何も魅力を感じなかった。
ラサから滞在許可が下りるとはとても思えなかった。もしネパールに行けば、インドに追い出されてしまうに違いない。ということで、我々はこの妖精の様な村で、新たな逃亡計画を練り上げるまで、体力を取り戻すべく滞在する決意をした。それにしても、この村に9ヶ月も滞在することになろうとは夢にも思わなかった。
退屈は全く感じなかった。我々はノートにチベット人の作法や習慣についてを記録したし、ほとんど毎日、周辺を探索した。アウフシュナイターは以前、ミュンヘンヒマラヤ協会の書記をしており、この機会を地図作成に大いに利用した。当初、この辺の地図には地名がたった三箇所しか記載されていなかったが、いまや200を超えた。このように、我々は単に自由を謳歌するだけではなく、実用的なことも行ったのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ