〜解説〜

3月19出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-13

In the middle of February, we had our first Tibetan New Year. The year is reckoned by the lunar calendar and has two names, one of an animal and the other of an element. The New Year festival is, after the birth- and death-days of Buddha, the greatest event the year. During the previous night we already heard the voices of singing beggars and wandering monks going from house to house in quest of alms. In the morning fresh-cut pine trees decked out with flags were stuck on the roofs, religious texts were solemnly recited, and tsampa offered to the gods. The people bring an offering of butter to the temples, and soon the huge copper caldrons are overflowing. Only then are the gods propitiated and ready to grant favors in the New Year. White silk veils are draped around the gilded statues as a special mark of respect, and the worshipers reverently lay their foreheads against them.


訳:


幸福の村-13

二月中旬、チベットで初めての正月を迎えた。ここでは太陰暦を用いており、年の名称には、干支と元素の一つが割り当てられている。新年のお祭りは、仏陀の生誕・命日と並んで大きな祭典だ。前の晩から、すでにこじきや托鉢槽が家々を回る声や音が聞こえた。朝になると、切ったばかりの松が旗で飾られ、屋根に取り付け、厳かに信仰の書を朗読し、ツァンパが神に捧げられる。人々は、供物であるバターを寺院に持って行き、すぐさま銅の大鍋は溢れる。それで初めて神はご機嫌となり、新年の願いを聞いてくれるようになる。白いシルクのベールが、金箔で飾られた像に掛けられるが、これは特別の尊敬を示す行為である。それから、参拝者はうやうやしく額を像に付ける。


英語トップ前の解答へ次の解答へ