〜解説〜

4月9出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-14

Rich or poor, all come full of devotion and with no inner misgivings to lay their offerings before the gods and to pray for their blessing. Are there any people so uniformly attached to their religion and so obedient to it in their daily life? I have always envied the Tibetans their simple faith, for all my life I have been a seeker. Though I learned, while in Asia, the way to mediate, the final answer to the riddle of life has not been vouchsafed to me. But I have at least learned to contemplate the events of life with tranquility and not let myself be flung to and fro by circumstances in a sea of doubt. The people did not pray only at the turn of the year. For seven days they danced, sang, and drank under the benevolent eyes of the monks. In every house there was a party, and we, too, were invited.


訳:


幸福の村-14

金持ちも貧乏人も皆、いっぱいの信仰心で何の疑念もなく供物を神に捧げ、神の恩恵に対し祈る。全ての民が一様に信仰に重要性を置き、日常生活の中でも従順に宗教に従う、こんな人々は他にいるだろうか?私は、このチベットの人々の純な信仰を羨ましく思っていた。なぜなら、私は一生、探求者のままなのだ。アジアにいる間、暝想をもってしても人生の謎の最後の答えを賜ることは出来ないことを知ったが、少なくとも、心を平安に保ちつつ人生の出来事を熟考すること、嘘だらけの海の中で周囲に振り回されない様にすることは学んだ。
人々は年の変わり目でだけ祈るのではない。七日間、僧侶達の暖かい目に見守られながら、踊り、歌い、飲むのだ。全ての家々でパーティが催され、もちろん我々も招待された。


英語トップ前の解答へ次の解答へ