〜解説〜

7月2出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-17

Barbaric as all this seems, the ceremony draws its origin from deep religious motives. The Tibetans wish to leave no trace after death of their bodies, which, without souls, have no significance. The bodies of nobles and high-ranking lamas are burned, but among the people the usual way of dealing with them is by dismemberment, and only the bodies of very poor people, for whom this form of disposal is too costly, are thrown into the river. Here the fishes perform the function of the vultures. When poor people die of contagious diseases, they are disposed of by special persons paid by the government.
Fortunately, the cases of smallpox were few, and only a small number died. In our house there was mourning for forty-nine days, and then a fresh tree with prayer flags was hoisted onto the roof. At this ceremony appeared many monks who said prayers to the accompaniment of their own peculiar music. All this naturally costs money, and when deaths occur in the family the Tibetans usually sell some of their jewelry or the possessions of the defunct, the proceeds of which pay for the obsequies performed by the monks and the oil used in their countless little lamps.


訳:


幸福の村-17

どうも野蛮な印象を受けてしまうが、この儀式は深い宗教的な動機に根差している。チベット人は、死体の痕跡さえ残さないことを願っている。というのも、魂の無くなった体など何の意味も無いからである。貴族や高位の僧侶の死体は火葬され、一般の人々は通常解体(の上鳥葬)される。貧しい人々にとっては、解体処置もお金がかかるという理由で、死体は川に投げ込まれる。ここでは、ハゲワシの代わりに魚が役割を果たしてくれる。貧しい人が伝染病で亡くなった場合には、政府がお金を出し、特別な人が彼らを処置する。
幸運なことに、天然痘発症はわずかに留まり、数人が亡くなった程度で収まった。我々の家では、49日間喪に付し、その後に屋根に新しい祈祷旗の木が掲げられた。この儀式には多数の僧侶が参加、彼ら特有の風変わりな音楽伴奏に合わせ、祈祷した。こういったことには自然とお金がかかるので、家族の誰かが亡くなった場合、故人の宝石や所有物を売り、その収益で僧侶が行う葬儀や灯し続ける小さな灯明の油代を賄うのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ