〜解説〜

9月25出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-20

Springtime came, work in the fields began, and the winter corn came up in lovely green shoots. Here, as in Catholic countries, the cornfields are blessed by the priests. A long procession of monks, followed by the villagers, carried the 108 volumes of the Tibetan bible round the village accompanied by prayers and sacred music.
As the weather grew warmer, my yak fell sick. He had fever, and the local vet declared that only the gall of a bear would do him good. I bought the stuff, and dear it cost me, not so much from a belief in its properties as to give satisfaction to the "doctor". I was not astonished at the lack of results. I was then advised to try goat's gall and musk, and hoped, subconsciously, that the long experience of the Tibetans in the treatment of sick yaks would save my precious beast. However, after a few days I was obliged to have poor Armin slaughtered, as I wanted at least to save his meat.


訳:


幸福の村-20

春が訪れ、農作業が始まり、冬に植えたトウモロコシは、かわいらしい芽を出した。ここでも、カトリックの国々同様、僧侶がトウモロコシ畑を祝福する。僧達の長い行列の後ろに、108巻のチベット経典を持った村人達が続き、祈りをし、宗教音楽を鳴らしながら村の周囲を回る。
気候が暖かくなると、私のヤクが病気になった。熱が出たので、地元の獣医に聞いたところ、熊の胆嚢だけが効くと言われた。高くついたが、私は効用を信じて、というより「先生」を満足させるためにそれを買ったが、案の定効果は無かった。次にヤギの胆嚢とじゃこうを勧められた。私は心のどこかで、チベット人の長い経験による病気のヤク治療が、大切な獣の命を救うのではないか、と望んでいた。しかし、数日後、私はかわいそうなアルミンを屠殺せねばならない羽目になった。せめて、肉だけでも救おうと思ったのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ