〜解説〜

10月22出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-21

For such cases the people use a slaughterer, a man obliged to live as an outcast on the fringe of the village like the blacksmith, whose craft ranks lowest in Tibet. The slaughterer receives as pay the feet, the head, and the intestines of the yak. I found the manner in which he dispatched the animal to be as speedy as, and more humane than, the methods of our slaughterers. With one swift stroke, he slit open the body, plunged his hand in, and tore out the cardiac artery, causing instant death. We took away the meat and smoked it over an open fire, thus providing a basis for the stock of food we should need when we next escaped.


訳:


幸福の村-21

こんな場合、人々は屠殺人を使う。屠殺人というのは、かじ屋のごとく村のへりに住む追放者(被差別人?)で、職業ランクはチベットでは最低である。屠殺人は、報酬としてヤクの足・頭・腸をもらう。
彼の屠殺は素早く、我々のところ(ヨーロッパ)の屠殺人に比しよほど思いやりがあった。まず、素早い一撃を加え、体に切り込みをいれ、そこから手を突っ込み、心臓の動脈を引き剥がす。これで、即死だ。
我々は肉を持ち帰り、焚き火の上でスモークした。こうやって、次の逃亡に必要な食料のストックの基礎を確保した。


英語トップ前の解答へ次の解答へ