〜解説〜

2月12出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-25

During these summer expeditions, we got to know the fauna of the region. We came across a great variety of animals, including species of monkeys that must have migrated here through the deep valley of the river Kosi. For some time leopards used to kill oxen and yaks nightly, and the villagers tried to catch them in traps. As a precaution against bears, I used to carry in my pocket a snuffbox full of red pepper. The bear, as I have mentioned, is dangerous only by day, when he will attack a man. Several of the woodcutters had bad face wounds as a result of encounters with bears, and one had been blinded by a blow from a bear's paw. In the nighttime one could drive these animals away with a pine torch.
On the tree line I once found deep footprints in the newly fallen snow, which I could not account for. They might have been made by a man. People with more imagination than I possess might have attributed them to the Abominable Snowman.
I made a point of always keeping fit and had no lack of strenuous occupation. I helped in the fields or at the threshing. I felled trees and cut torches from the resinous pinewood. The bodily toughness of the Tibetans is due to the bracing climate and the hard work they do.


訳:


幸福の村-25

夏の探検にて、我々はこの地域の動物相を知る様になった。様々な種類の動物に出会ったが、中にはコシ川沿いの深い谷から移動してきた可能性が高いサル達も含まれる。長い間、豹が夜に牛やヤクを襲って殺すことが続いており、村人達は罠を仕掛けて捕まえようとしていた。熊への用心に、私はいつもかぎタバコ入れにいっぱいの赤唐辛子を入れておく、以前も語ったごとく、熊が人間を襲う可能性があるのは昼間だけだ。数人の木こりは、熊との遭遇で顔に酷い怪我を負った、一人などは熊の前足の一撃で目が見えなくなってしまった。しかし夜は、タイマツを灯せば動物達を遠ざけることが出来る。
樹木境界線で、私は一度新雪の上に深い足趾を見つけたが、何の足趾かがよくわからなかった。おそらく人間のものだったろうと思うが、私より想像力に溢れる人ならば、雪男の足趾なんて思うかもしれない。
私は体調を常に維持する様に心がけ、骨の折れる仕事を欠かさなかった。畑仕事や脱穀を手伝い、木を切り、松脂の多い松からタイマツを切り出した。チベット人の体の頑健さは、爽やかな気候ときびしい仕事によって作り出されているのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ