〜解説〜

4月14出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-27

There was a good deal of variety in life at Kyirong. In summer caravans came through every day. After the rice harvest in Nepal, men and women brought rice in baskets and exchanged it for salt, one of the most important exports of Tibet. It is brought from the lakes in Changthang, which have no exit.
Transport from Kyirong to Nepal is effected by means of coolies, as the road goes through narrow ravines and is often cut into stairways. Most of the carriers are women from Nepal wearing cheap dresses and showing their stout muscular legs below their short skirts. We witnessed a curious drama when the Nepalese came to gather honey. The Tibetan government has officially forbidden Tibetans to take honey, because their religion does not allow them to deprive animals of their food. However, here, as in most other places, people like to circumvent the law, and so the Tibetans, including the bompos, allow the Nepalese to have the honey they collect, and then buy it back from them.


訳:


幸福の村-27

キロンでの人々の生活は、多様性に富んでいた。夏には毎日隊商が通り過ぎた。ネパールでの米の刈り入れの後、男も女も籠に米を入れ持って来て、チベットのもっとも重要な輸出品である塩と交換する。塩は、シャンタン地方の湖で取ったものだが、これらの湖には出口となる川が無い。
キロン−ネパール間の物資の輸送は苦力によってなされる。この輸送ルートは細い渓谷を縫って進む道で、しばしば大渓谷により遮られる。ほとんどの運び手はネパールの女性で、彼女達は安っぽい服を着、太く筋肉質の足を短いスカートから剥き出しにしている。我々は、ネパール人が蜂蜜を集めに来た際、好奇心を煽る場面を目の当たりにした。チベット人は公的には蜂蜜を取ることを禁じられている。彼らの信仰では、動物達から食べ物を奪う行為は許されないからである。しかし、ここでもどこでも人々は法の抜け道をちゃんと用意しているのだ。チベット人は高位の役人も含め、ネパール人に蜂蜜を集めてもらい、それを買い戻す手段を取っている。


英語トップ前の解答へ次の解答へ