〜解説〜

5月12出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-28

This honey taking is a very risky adventure as the bees hide the honeycomb under the projecting rocks of deep ravines. Long bamboo ladders are dropped, down which men climb sometimes two or three hundred feet, swinging free in the air. Below them flows the Kosi, and if the rope that holds the ladder breaks it means certain death for them. They use smoke balls to keep the angry bees away as the men collect the honeycomb, which is hoisted up in containers by a second rope. A condition of the success of this operation is perfect and well-rehearsed combination, as the sound of shouts or whistles is lost in the roar of the river below. On this occasion eleven men worked for a week in the ravine, and the price at which they sold the honey had no relation to the risks they ran. I much regretted that I had no cine-camera with which to take a picture of this dramatic scene.


訳:


幸福の村-28

蜂蜜捕りはとても危険な冒険である。というのも、深い渓谷の突き出した岩々の下の巣には、蜂達が潜んでいるからだ。長い竹梯子が下ろされ、人々が空中で体を揺らしながら降りていくのだが、時には200〜300フィート降りたりもする。彼らの下ではコシ川が流れており、もし梯子を留めているロープが切れたり解けたりしたら、それは彼らにとってまさに死を意味する。彼らは煙玉を用い、蜂蜜採取中、起こった蜂達を寄せ付けない様にし、蜂蜜入れを二番目のロープで引き上げる。成功の鍵は、よく訓練された完璧なチームワークだ。叫び声や口笛は、下で流れる川の轟音に吸い込まれる。今回は11人の男達が1週間渓谷で働いたが、蜂蜜の売値は、彼らのくぐり抜けてきた危険とは裏腹に安かった。私は映画撮影機を持っていなかったことを非常に後悔した。このドラマティックな場面をぜひ映像で残しておきたかったものだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ