〜解説〜

7月7日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-30

By all the inhabited huts are found fierce, pugnacious dogs. Mostly they are chained up and by their barking at night protect the cattle from leopards, wolves, and wild dogs. They are very powerfully built, and their usual diet of milk and calves’ flesh gives them enormous strength. They are really dangerous, and I had several disagreeable encounters with them. Once one of these dogs broke loose from his chain as I came up and sprang at my throat. I parried his attack, and he sank his teeth into my arm and did not let go till I had wrestled him down. My clothes hung in rags from my body, but the dog lay motionless on the ground. I bound up my wounds with what remained of my shirt, but I still bear deep scars on my arm. My wounds healed very quickly as a result of prolonged baths in the hot springs, which at this season of the year are more frequented by snakes than Tibetans. The herdsmen told me later that I was not the only sufferer from this battle. The dog had lain in his corner and refused to eat for a week afterward.


訳:


幸福の村-30

各家には必ず獰猛で好戦的な犬が居た。たいていは鎖に繋がれていて、夜間に吼えることで牛を豹、狼、野犬から守る役目を持っている。彼らはとても力強い体格をしている上、牛乳と子牛の肉を食べることにより凄まじい力を持っている。本当に危険な奴らで、何度か不愉快な思いをしたことがある。一度は、私が丁度通りかかった時に、鎖から脱した犬が私の喉めがけて飛びついてきた。私はこの攻撃をかわし、奴の歯は私の腕に入り込み、私がねじ伏せるまで離そうとしなかった。私の服はぼろぼろになり体から垂れ下がり、犬は地面に動き無く横たわっていた。無事だったシャツを使って傷を巻いたが、今でも傷跡が残っている。ただ、温泉に長く浸かったことで、傷の治りはとても早かった。この時期の温泉には、チベット人より蛇の方が多く集まるのだが。なお、牛飼い達の話によると、この戦いの被害者は私だけではなかった様だ。犬は人気の無いところに横たわり、その後一週間、食事を拒んだそうである。


英語トップ前の解答へ次の解答へ