〜解説〜

8月4日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-31

During our excursions we found masses of wild strawberries, but where we found the best we also found the most leeches. I knew from my reading that these creatures are the plague of many Himalayan Valleys, and now learned from personal experience how helpless one is against them. They drop from trees on men and animals and creep through all openings in one's clothes, even the eyelets in one's shoes. If one tears them off, one loses more blood than if one lets them drink their fill, when they fall off by themselves. Some of the valleys are infested to such a degree by leeches that one simply cannot protect oneself against them. The best way of keeping them out is by wearing socks and trousers steeped in salt.


訳:


幸福の村-31

探検の途中に野生の苺をたくさん見つけたが、そこには苺以上に蛭(ヒル)が居た。蛭がヒマラヤで大発生していることは本で知っていたし、経験からこいつらに抗おうとしても無駄なことはわかっていた。やつらは木から落ちてきて人間や動物に移り、衣服の隙間や靴ひもの穴などに這い込む。そして、十分に血を吸うと、自分から離れる。無理に剥がすと、吸われる以上に出血してしまう。谷の幾つかは蛭に寄生されまくっていたため、我々はどうしようもなかった。やつらを寄せ付けない一番いい方法は、靴下やズボンに塩をしみ込ませることだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ