〜解説〜

9月1日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-32

Our excursions gave us many opportunities of mapmaking and sketching, but we found no pass that would have provided us with a line of escape. Without ropes and other mechanical aids, we could not hope to cross any of the high mountain ridges, heavily laden as we should be. And neither of us was enthusiastic about the idea of returning by the Dzongka road, which we knew already. We sent a petition to Nepal to ascertain whether, if we went there, we would be handed over to the British or not, but got no answer. At this time we had still about two months to run before we should have to leave Kyirong, and we spent our days in preparing for our journey. In order to increase my capital, I lent it to a merchant at the usual 33 per cent rate of interest. I was to regret this later, as my debtor delayed repayment and this nearly prevented our departure.


訳:


幸福の村-32

探検のおかげで、地図作りやスケッチの機会をたくさん持つことが出来たが、逃亡ルートに使えそうな峠は見つけられなかった。ロープや機械的な補助具無しでは、重い荷物を背負った上で高い山々の尾根を越えることなど出来そうなかった。それに、我々二人ともゾンガ街道に沿って戻る案に固執していなかった。ネパールには、我々が入国した場合に英国に引き渡すか否かを確かめる申請書を出したが、返事は無かった。この時点では、キロンを出なければならない期限までまだ二ヶ月あったので、我々は旅の用意をして過ごした。私は資本を増やすため、通常の33%の利子でお金を貸した。しかし、こんなことをしなければ良かった、と後で後悔した。というのも、借り手がなかなか返済してくれないので、危うく出発出来ないところだったのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ