〜解説〜

9月29日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-33

Our contact with the peaceable, industrious villagers had become more and more intimate. They did not reckon their work by the hour, but used every minute of daylight. As there was a shortage of labor in the agricultural regions, hunger and poverty were unknown. The numerous monks, who do no manual work and occupy themselves with spiritual matters, are supported by the community. The peasants are well-off, and their wardrobes contain enough tidy clothes for the whole family to wear on feast days. The women weave their own cloth, and all the clothes are made at home. There are no police in our sense of the word. Evildoers are publicly sentenced. The punishments are pretty drastic, but they seem to suit the mentality of the population. I was told of a man who had stolen a golden butter lamp from one of the temples in Kyirong. He was convicted of the offense, and what we would think an inhuman sentence was carried out. His hands were publicly cut off and he was then sewn up in a wet yak skin. After this had been allowed to dry, he was thrown over a precipice.


訳:


幸福の村-33

穏やかで勤勉な村人達との交流は、ますます親密なものとなった。
彼らは時間単位で働くのではなく、日が出ている間は全て働くのだ。農業地域では労働力に対し需要があるため、飢えや貧困は見られない
多数の僧侶達は、肉体労働は全くせずに精神修行に携わっており、地域社会によって養われる。
小作農達は豊かで、衣装タンスには祭日に着る小奇麗な衣服が詰まっている。婦人達が布を織り、全ての衣服を手づくりする。
我々の言葉で言うところの警察は無い。悪事を働いた者は、公的に判決を受ける。罰はすこぶる厳しいが、彼らの考えに合っている様である。私はキロンのあるお寺から金のバターランプを盗んだ男の話を聞いた。彼は有罪とされ、我々からすると非人間的な刑が執行された。公衆の面前で両手首が切り落とされ、濡れたヤクの皮で縫い合わされた。皮が乾いたと見なされると、崖から放り投げられたそうだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ