〜解説〜

11月25日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-35

The supremacy of the monastic orders in Tibet is something unique. It can well be compared to a stern dictatorship. The monks mistrust any influence from the outside would that might undermine their authority. They are clever enough not to believe that their power is limitless, but they punish anyone who suggests that it is not. For that reason some of the monks of Kyirong disapproved of our close contact with villagers. Our behavior, which remained uninfluenced by any of their superstitions, must have given the Tibetans something to think about. We used to go by night into the forests without being molested by demons, we climbed mountains without lighting sacrificial fires, and still nothing happened to us. In some quarters we noticed a certain reserve, which could only be attributed to the influence of the lamas. I think they must have credited us with supernatural powers, for they were convinced that our excursions had some hidden purpose. They kept on asking us why we were always communing with streams and birds. No Tibetan ever takes a step without a particular object, and they felt that when we roamed in the woods or sat by brooks we were not doing so aimlessly.


訳:


幸福の村-35

チベットでの僧侶階級の優越性は、ある種ユニークである。過酷な独裁制と比べると良いのかもしれない。僧侶達は外部からの影響を、彼らの権威を殺ぐものではないか、とことごとく危ぶむ。彼らは賢く、力が無制限に及ぶなどと思っていないが、そう思わない人間は罰する。そんな理由から、キロンの僧侶の一部が、我々と村人との近しい交流を許可しなかったのだ。我々は、村人達の目威信に影響を与える行動を取らなかったが、チベット人は何かを考えたに違いない。我々は悪魔に邪魔されることなく夜間森に行ったことがあるし、山に登っても犠牲の炎に燃やされなかったし、今に至っても何も起こっていない。幾つかの家で感じたよそよそしさは、ただラマ僧の影響に起因したものだったのだろう。彼らは我々が神秘の力を持っていると信じていたと思う。だから、我々の遠征は隠された目的があるに違いないと確信したのだろう。彼らは、我々がなぜ流れや鳥と交流するのかをいつも問う。チベット人は特別な目的無く出歩かないので、我々があてもなく木立をぶらついたり、小川のそばに座るのを何か理由があってのこと、と思い込んでいるのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ