〜解説〜

12月22日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-1

Meanwhile autumn was upon us and the permitted term of our residence coming to an end. It was hard to have to quit this paradise of nature, but we had not succeeded in obtaining a residence permit, and there was no doubt that we would have to leave. Realizing from past experience the importance of a sufficient reserve of provisions, we made a cache twelve miles away on the Dzongka road, where we deposited tsampa, butter, dried meat, sugar and garlic. As had been the case when we escaped from the camp, we had no transport and had to carry all our stores on our backs.
Heavy snowfalls betokened an early winter and interfered with our calculations. We had already decided what was the maximum weight we could carry, and now had to make up our minds to take another blanket each. The winter was, of course, the most unfavorable season for crossing the high plateaux of Central Asia, but we could not remain in Kyirong. For a time we played with the idea of hiding ourselves somewhere in Nepal and spending the winter there, but we gave it up as the Nepalese frontier guard were known to be highly efficient.


訳:


移動-1

そうこうしている内に秋が訪れ、我々の在住許可期間にも終わりがやって来た。この大自然の天国を立ち去るのはつらいが、我々は在留許可を得ることに失敗しており、立ち去る以外に道は無かった。これまでの経験から、充分な食料の確保が重要ということは身に沁みていたので、ゾンガ街道沿いの12マイル離れた場所に食料の隠し場所を設け、ツァンパ、バター、干し肉、砂糖、ニンニクを蓄えた。今回も、キャンプ(捕虜収容所)から闘争した際と同様に運搬手段は無く、すべての荷物は自分達で背負わなければならなかった。
初冬の訪れを示す重い雪が降り、計算が狂った。我々は運べる最大限の重量を決めていたが、これにさらにもう一つ、毛布を加える決心をしなければならなかった。もちろん冬は、中央アジアの高原を渡るのに最もふさわしくない季節ではあるが、我々はキロンに留まることが出来ない。一度はネパールのどこかに身を隠し、冬をやり過ごすことも考えたが、ネパールの国境警備隊がとても有能であることを知り、諦めた。


英語トップ前の解答へ次の解答へ