〜解説〜

2月16日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-3

For tactical reasons it was agreed that Aufschnaiter should go first on the pretext of an excursion. On November 6, 1945, he boldly left the village by daylight with his pack on his back. With him went my long-haired Tibetan dog - a present from a notable of Lhasa. In the meantime I tried to get my money back, but had no luck. My debtor was suspicious and did not want repay me till Aufschnaiter had returned. It was no wonder that we were suspected of plotting to escape. If we really meant to go to Nepal, there was no need for secrecy. The officials were afraid of getting into trouble with the government if we succeeded in getting into Inner Tibet, and so they egged on the villagers against us. The latter were in constant fear of the local authorities and did what they were told.
A hunt for Aufschnaiter was organized, and I was hauled up and questioned. The authorities were not impressed by my feeble attempts to persuade them that he had gone on one of his usual excursions. As for my money, I had to wait another day and then received only part of it. It would never be repaid in full before Aufschnaiter's return.


訳:


移動-3

戦略的な理由から、小旅行に行く、という口実で、アウフシュナイターが先に出発することにした。1945年11月6日、彼は大胆にも日中、ラサの名士から贈られた、私の毛の長いチベット犬を連れ、リュックを背負って村を出発した。その間に、私は貸した金を取り戻そうとしたが、運が悪かった。借り手が我々を疑い、アウフシュナイターが戻るまでは払いたくない、と言い出したのだ。我々が逃亡を計画していることを疑われているのは、不思議ではない。もしネパールへ行くつもりであれば、秘密にする必要は無いからだ。役人達は、我々がチベット内部に辿り着くことに成功した場合、政府から罰を受けるのではないか、と恐れていたため、村人達を扇動していたのだ。村人達はいつも地方役人達にびくびくしていたので、役人達の言うがままだった。
アウフシュナイター捜索が始まった。私は召喚され、尋問を受けた。私は彼がいつもの小旅行に出かけたと、説得を試みたが、彼らは納得しなかった。金のために私はもう一日待ち、一部は返済させた。しかし、アウフシュナイターが戻らない限りは全額返済は無理の様だった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ