〜解説〜

4月20日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-5

I can still see the butter-smeared Mongol faces staring into my window with the light of their pine torches shining on them. And now the two mayors arrived panting with a message from bonpos to say that if I would stay till morning, I could then go wherever I wished. I knew that this was a trick to keep me and did not answer. So they ran off to fetch their chiefs. My hostess clung to me weeping and saying that I had always been like one of her own children and that I ought not to cause her such pain. My nerves were overstrung. Something had to happen. I resolutely shouldered my pack and walked out of the house. I was astonished that the crowd collected round the door did not interfere with me. They said, "He’s going, he's going," but no one touched me - they must have noticed that I really meant business. A couple of young men called to one another to stop me, but they got no further than saying it. I walked untouched through the crowd, which, gave way before me.
But I was glad when I had passed out of the torchlight into the dark. I hurried along the Nepal road for a bit in order to deceive possible pursuers, then I made a wide detour around the village and by morning had reached our depot. Aufschnaiter was sitting on the side of the road, and my dog jumped up to greet me. We walked on for a bit in search of a good hiding place for the day.


訳:


移動-5

依然として、バターで汚れた蒙古顔が松明に照らされて窓から中を覗いていた。そして今度は、二人の市長があえぎながらベンポのメッセージを届けに来た。もし、私が朝までここに留まれば、その後はどこに行っても良い、とのことだったが、これがごまかしだということは判っていたので、私は答えなかった。彼らは彼らの上司をこの場に連れてくるため、一度立ち去った。我が家の女主人は私にしがみついて泣き、私のことを自分の子の様に思っているのだから、私が彼女を困らせるべきではない、などと言う。私の神経は緊張の頂点に達した。何かを起こさなければならない。私は決然とリュックを肩に背負い家の外に歩き出た。驚いたことに、玄関の周りを取り囲んでいた群衆は、私の邪魔をしなかった。彼らは「ヤツが行くぞ、行ってしまうぞ。」と言ったが、私には触れなかった。数人の若者が私を止めようとお互いに呼び合ったが、それ以上の行動には出なかった。群集は私の前に道を開け、私は彼らと接触せずに歩いた。
それでも、松明の灯りが届く範囲を過ぎ、暗闇に入った時には、本当に嬉しかった。私は追っ手も想定して、彼らを欺くためにネパールへ向かう道に急ぎ、少々そこを進んだ。その後、村を大きく迂回し、朝までには貯蔵庫に着いた。アウフシュナイターは道路脇に座っていた。私の犬は挨拶せんと、私に飛びついてきた。我々は日中隠れるいい場所を探すため、ちょっと歩き回った。


英語トップ前の解答へ次の解答へ