〜解説〜

6月15日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-7

One fine day we found we could not go on. In front of us was an unclimbable rock face. A path led up to it and lost itself in the wall. What were we to do? We could never get up it with heavy loads on our backs, so we decided to turn back and try to wade through the stream, which here divided into several branches. The cold was intense - fifteen degree below zero. Earth and stones froze onto our feet when we took off our shoes and stockings to wade across, and it was a painful business pulling them off before putting on our shoe again. And then we were faced by fresh streams. There must have been an exit as the caravans passed that way, but we could not see where. So we decided to pass the night where we were, and the next day to watch from our hiding place to see how the caravans dealt with the situation. Soon after dawn a caravan came along, stopped before the rock face, and then (we could hardly believe our eyes) the heavily laden coolies climbed swiftly up the rocky path like chamois one after the other - a lesson to us hardened mountaineers - while the yaks waded across the stream with their drivers on their backs.
We determined to try again, and after a day that seemed to us endless, night came, and we tackled the difficult ascent. We had the moonlight to see by, which was much more helpful than our little lantern. If we had not seen the coolies negotiating the rocky wall we should have given it up again, but manage it we did.


訳:


移動-7

ある晴れた日、我々はこれ以上進めないことを発見した。我々の目の前に、とても登ることが出来そうにない岩肌があるのだ。小道はここに続き、この「壁」のところで消えていた。どうすればいいのだろう?重い荷物を背負った状態で、とてもここは登れない。そこで我々は引き返し、川を歩いて渡ることにした。ここでは川は幾筋かに分かれている。寒さは強烈で−15℃だ。流れを渡るために靴と靴下の脱いだら、土と石が足に凍り付き、再び靴を履く際にそれらを剥がすのが痛い。そして、また新たな流れが出てくる…。
隊商がここを越えているのだから、出口はあるはずなのだが、どうしても見つけることが出来なかった。そこで、一晩ここで過ごし、翌日は隠れつつ、隊商がどの様にこの状況を切り抜けるのかを観察することにした。夜明け直後に隊商がやって来た。例の岩の前で止まったかと思うと、信じ難いことだが、重い荷物を背負った荷担ぎ夫達が、まるでレイヨウの様に速やかにどんどん岩を登って行くのだ!これは我々の様な鍛え抜いた登山家にも、教訓となった。ちなみにヤクは、ヤク使い手を背中に乗せた状態で、流れを渡って行った。
我々はもう一度トライすることを決意した。永遠に続くとも思われた昼が過ぎ夜がやってくると、この困難な登坂に臨んだ。月明かりで周囲を見ることが出来、我々お手製のランタンよりも余程助かった。そして、なんとか乗り切ることが出来た!もし、荷担ぎ夫達がここを切り抜けた場面を見なかったら、我々は諦めていたに違いない。


英語トップ前の解答へ次の解答へ