〜解説〜

7月13日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-8

After two more night marches, we bypassed Dzongka and found ourselves in unknown country. Our next objective was the Brahmaputra River, which provided the most serious question mark in our itinerary. How were we to cross it? We hoped that it was already frozen over. We had only a vague notion of the road that led to the river, but hoped that it would not offer serious obstacles. The great thing was to go ahead as fast as possible and to avoid all places in which we might run into officials. Shortly after passing Dzongka, we camped in a cave where we found thousands of small clay idols. The place must formerly have been a hermitage. The next night we climbed steeply, hoping to get over the pass in one march. But we had overrated our strength; breathless and exhausted by marching in the thin air at an altitude of over 16,000 feet, we had to stop in an ice-cold camp. We were again approaching the Himalayan watershed. The view from the top of the Chakhyungla Pass was disappointing; we had the satisfaction of thinking that we were probably the first Europeans to cross it, but the weather was far too cold to feel pleasure or pride in anything.


訳:


移動-8

二夜の行軍の後、我々はゾンガを迂回し知らない土地に足を踏み入れた。次の目標はプラマプトラ川であるが、ここには我々の旅程の中で最大のクエスチョンマークが付いているのだ。どうやって渡ろう?既に凍っていることを望んでいるのだが…。我々は今進んでいる道がこの川に続いていると漠然と思っているだけであるが、重大な障害が無いことを願っている。何よりも大切なのは、出来るだけ速く進み、役人と鉢合わせしそうな場所を全て避けることだ。ゾンガを越えてすぐに、我々は洞窟でキャンプをした。そこには無数の小さな聖像があった。おそらく以前、隠者の庵だったに違いない。翌晩は、険しい道を登った。何とか一晩でそこを抜けようと考えていたが、どうやら自分達の体力を過大評価していた様だ。高度16000フィートを超えており、空気が薄い中での行軍は、息切れしくたびれ果てるものなのだ。結局氷の中(冷たいキャンプ)で留まった。我々は再びヒマラヤの分水嶺に近づいた。チャクングラ峠からの景色はがっかりだった。ここを越えたヨーロッパ人はおそらく我々が最初だろう、ということでは満足したものの、何せ寒すぎて喜びや誇らしさを感じるには至らなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ