〜解説〜

10月13日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-11

This little settlement certainly deserved to be called a village. It contained about forty houses with a monastery built above them on the hillside, a better-looking place than Gartok, standing several hundred feet higher. We had indeed discovered here the highest inhabited place in Asia and perhaps in the whole world.
The natives took us for Indians and sold us provisions freely. We were received hospitably in a house, and did we enjoy the luxury of being warm after long marches through snow and ice! We rested here a day and a night, eating well and feeding our dog. We avoided meeting the local authorities as the bonpo had locked up his residence and ignored us. Perhaps he was avoiding responsibility.
Willy-nilly we had to buy another sheepskin as our clothes were not made for the Tibetan winter. And after long and enjoyable bargaining we bought a yak. This was the fourth in our line of Armins, and he was no different from the others except that perhaps he was naughtier.


訳:


移動-11

この小さな居住地は確かに村と呼んでも良いと思われる。40件の家、それを見下ろす山腹に寺院があり、ガルトクよりも見栄えがいい。しかもあそこよりも数百フィートは高いところにある。実際に、ここはアジアで一番高いところにある居住地ということを発見した。もしかしたら世界一かもしれない。
村人達は我々のことをインド人と見なし、食料を自由に売ってくれた。家の中で手厚くもてなされ、雪と氷の中を長く進んだ後、暖かい中で過ごすというぜいたくを楽しんだ。我々はここで一日と一晩ゆっくり休み、たくさん食べ、犬にもたっぷり食べさせた。ここの役人に会うのは回避することが出来た。それというのも、ここのベンポは家の鍵をかたく閉ざし、我々を無視したからである。おそらく彼は責任を回避したかったのであろう。
いや応なしに羊の皮を買わざるを得なかった。我々の服はチベットの冬には適していなかったからである。そして、長く、楽しい買い物交渉の後、ヤクを入手した。我々にとってはアーミン4世となる。こいつはこれまでのヤクよりもいうことをきかなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ