〜解説〜

12月14日出題分
ご解答どうもありがとうございました。
以下は私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
On The Move-13

It was hard to turn this marvelous spectacle, but we had to move on to our next objective, the 18,000-foot pass of Korala, which lay to the north. Before starting to climb, we spent the night in a little hamlet called Khargyu, at the foot of the pass. This time we could not pass ourselves off as Indians so easily, because the villagers had seen many Europeans. Nearby was the village of Tingri, where all the British Everest expeditions used to hire their bearers. The inhabitants seemed to be appraising us and asked us first if we had been to see the bonpo at Sutso. We then realized that the big house we had seen at that place must have been the official residence. We had noticed the house right enough, as it stood on a hill and commanded a view of the whole district. Luckily, we had got by without being observed.
Now we had to be cautious. We did not pursue the subject but repeated our story of being on a pilgrimage. The villagers appeared to be satisfied and told us about the road we should have to follow, which from their account was a good one.


訳:


移動-13

この素晴らしい光景から目をそらすのはつらかったが、我々は次の目標、ここの北に位置する1,800フィートのコララ峠に向かわなければならない。登り始める前の晩、カーギュという小さな村に一泊した。今回は、我々のことをインド人と通用させるのは簡単ではなかった。というのも、ここの村人達は数多くのヨーロッパ人を知っているからだ。イギリスのエヴェレスト遠征隊全てが、ここのそばのティングリ村の住人をポーターとして雇っていたのだ。村人達は我々を値踏みしている様だった。そして、スツォのベンポに会ったかどうかをまず聞いてきた。このとき、そこで見た大きな家が官邸に違いない、と悟った。それは丘の上という、この地域を見渡せる丁度いい場所にあった。幸運にも我々には気付かなかった様だ。
そんな訳で我々は注意深くならざるを得なかった。これについての話題にはこれ以上言及せず、巡礼だという話を繰り返した。村人達はどうやらそれに満足した様で、これ以降我々が辿るべき道について教えてくれた。彼らによれば、いい道だという。


英語トップ前の解答へ次の解答へ