〜解説〜

9月30日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-14

The garpon then kindly asked us to remain for a few days longer as his guests, as pack animals and a guide had to be found. After three days our travel pass was delivered to us. It stipulated that our route should pass through the following places - Ngakhyu, Sersok, Montse, Barga, Thokchen, Lholung, Shamtsang, Truksum, and Gyabnak. It was also laid down that we had the right to requisition two yaks. A very important clause required the inhabitants to sell us provisions at the local prices, and to give us free fuel and servants for the evenings. We were very glad to have obtained so much in the way of facilities. The garpon invited us to a farewell dinner in the course of which I managed to sell him my watch. Afterward he made us give him our word of honor not to go to Lhasa from his territory. At last, on July 13, we bade farewell to Gartok and started on our way. Our little caravan, now of decent proportions, consisted of our two yaks with their driver and my small donkey, which was now in good shape and carried no more than a teakettle. Then came our guide, a young Tibetan name Norbu, on horseback, while we three Europeans modestly brought up the rear on foot.


訳:


チベットへ-14

ガルポンは親切にも、荷物運び用の動物と案内人の手配に時間がかかるため、もう数日我々にお客として滞在してもらいたいと申し出てくれた。三日後に旅行許可証が手元に届いた。我々の取るルートは明記されていた。ニャキュ、セルソク、モンツェ、バルガ、トクチェン、ロルン、シャムツァンそしてギャブナクを通るルートだ。また、我々は二頭のヤクを請求する権利を有することも規定されていた。一番重要な事項は、食べ物をその地方地方の物価で売ることを住民に命じていることだ。また、夜には無料で燃料と雑用係を提供する様にともある。
我々はこれだけの便宜を得られ、非常に嬉しかった。ガルポンはお別れの宴を張ってくれたが、この際に私は彼に時計をなんとか買ってもらった。その後、彼に面目にかけ、彼の領地からラサに入らない様約束させられた。
ついに7月13日、我々はガルトクと別れ、旅に出発した。我々の小キャラバンはなかなかのものだ。まず二頭のヤクとヤク追い係、今はすっかりいい体格になった私の小さなロバ(今や湯沸ししか背負っていない)、そして馬の背にまたがった案内人、若いチベット人のノルブ、謙虚にしんがりをつとめるのは徒歩の我々だ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ