〜解説〜

11月15日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-17

For two whole days, we had the glaciers to look at. We mountaineers were more strongly attracted to the majestic Gurla Manthata, mirrored in the waters of Lake Manasarovaor, than by the Sacred Mountain. We pitched our tents on the shore of the lake and feasted our eyes on the indescribably beautiful picture of this tremendous mountain, which seemed to grow out of the lake. This is certainly one of the loveliest spots on earth. The lake is held to be sacred, and around it one finds many small monasteries in which the pilgrims lodge and perform their devotions. Many pilgrims creep around the lake on their hands and knees, and carry home jars of the holy water. Every pilgrim bathes in its icy cold water. We did likewise, though not from piety. Here I nearly came to grief. After swimming out some little way from the shore, I got into a boggy place from which I extricated myself only with a tremendous effort. My comrades had not noticed my desperate struggle to get clear of the mud.
As we were, at this time of year, a little in advance of the pilgrimage, most of the people we met were traders. We saw also many suspicious-looking people, for this region is notorious as the El Dorado of robbers, who find it hard to resist the temptation to attack the traders frequenting the markets. The biggest market in the region is that of Gyanyaima. Here hundreds of tents form a huge camp given over to buying and selling. The tents of the Indians are made out of cheap cotton material, while those of the Tibetans are woven from yak's hair and are so heavy that it takes one or even two yaks to carry them.


訳:


チベットへ-17

丸二日間、氷河を眺めることが出来た。我々登山家にとっては、聖なるカイラス山よりも、マナサルワール湖に映ったグルラ=マンダタの偉容の方が魅力的だった。湖畔にテントを張り、まるで湖から聳えている様な素晴らしい山の美しい景色で目の保養をした。ここは間違いなく世界で最もうっとりする場所のひとつだ。ここは聖なる湖とされており、周囲には巡礼の宿や祈りの場所となる小さな寺院が数多く見られる。多くの巡礼は、この湖の周囲を五体投地しながら回り、ビンに聖なる水を汲み持ち帰るのだ。また、巡礼者はみなここの冷たい水で水浴をする。我々も、信仰という理由からではなかったが同じことをした。この水浴の後、湖畔からのとある小さな道の脇で、私は危うく災難に遭うところだった。沼地に入り込んでしまい、出るのに途方も無く苦労した。しかし、仲間達は、私の泥沼から脱出しようと奮闘していたことに誰一人気付かなかったのだ。
我々がこの年ここを通ったのは、巡礼シーズンにちょっと先んじていたので、会う人々のほとんどが商人だった。また、見るからに怪しい連中も見かけた。それというのもこの辺は泥棒天国として有名なのだ。泥棒たちは市場に通う商人を襲う衝動を抑えられない様だ。この辺で一番大きい市場は、ギャニャイマにある。ここでは、何百ものテントが巨大なキャンプを形成し、そこでは売買が行われている。インド商人のテントは安い綿製であるが、チベット商人のテントはヤクの毛で織られたものでとても重い。テントを運ぶのにヤク1〜2頭を必要とするほどだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ