〜解説〜

11月30日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-18

We wandered for some hours in an easterly direction along the lake and felt as if we were on a seaside walk. Our pleasure in the beauty was disturbed only by the midges, which we did not get rid of till we were clear of the lake.
Proceeding toward Thokchen we met an important-looking caravan. It was the new district governor of Tsaparang on the way to his post from Lhasa. We halted by the roadside, and our guide, with whom we had never got on really friendly terms, made a deep, stiff obeisance and put out his tongue in greeting - a perfect picture of submissiveness. He explained our presence: weapons which had threatened us were put away and we were handed dried fruit and nuts.
In our persons there was no longer any sign of European superiority to be seen. We lived like nomads; for the past three months we had been sleeping mainly in the open air, and our standards of comfort were lower than those of the native population. We camped and cooked and made our fires in the open whatever the weather, while the nomads could find shelter and warmth in their heavy tents. But if we looked as if we had come down in the world, our wits were not blunted and our minds were continually occupied. Very few Europeans had been in these regions, and we knew that everything we observed might have a value later on. We still thought then that we should be returning to civilization within a measurable time. Common dangers and struggles had linked us in a close bond of companionship; each knew the others' virtues and failings, and so we were able to help one another in times of depression.


訳:


チベットへ-18

数時間の間、湖に向かって東側の方向にのんびりと歩いた。まるで海辺を散歩している様だった。美しい風景の中で楽しんでいたが、ユスリカが玉に瑕だった。こいつらは湖を離れるまで付き纏って来た。
トッケンに進んでいる際に、要人と思われるキャラバンに出会った。ラサから任地に赴く途中のツァパランの新しい行政区長官の一行だった。我々は道の脇に止まり、どうしても我々と仲良くなれない案内人は、深々と堅苦しいお辞儀をし、挨拶に舌を出した。完璧な服従の仕草である。彼が我々の存在について説明すると、我々を脅かしていた銃は仕舞われ、乾燥フルーツとナッツが渡された。
我々の姿に、もはやヨーロッパ人の優越性を見出すことは出来ない。我々は遊牧民の様に暮らしていた。ここ3ヶ月、我々は主に外で寝ており、快適と感じる標準がここの人々のそれより低くなっていた。遊牧民は分厚いテントという避難所を有し、そこでぬくぬくと過ごせるが、我々は泊まるのも、火を起こすのも、調理するのも外だ。このように落ちぶれてしまった様に見える我々ではあったが、知性までは鈍っていなかった。いつも考えを巡らせていたのである。この地域を訪れたヨーロッパ人はほとんどいない。だから、我々が見てきたこと全てが後で貴重なものになるであろう。この時点で我々はまだ、近いうちに文明世界に戻れると思っていた。危険や困難を共に戦い、我々は強い友情のきずなで結ばれていた。それぞれの長所・短所を知り、落ち込んだ時にはお互いに助け合った。


英語トップ前の解答へ次の解答へ