〜解説〜

12月16日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-19

On we went over low-lying passes till we came to the source of the Brahmaputra, which the Tibetans call the Tsangpo. This region is not only of religious significance to Asiatic pilgrims, it is also highly interesting geographically, for it contains the sources of the Indus, the Sutlej, the Kaxnali, and the Brahmaputra. For the Tibetans, who are accustomed to give a symbolical religious sense to all designations, the names of these rivers are associated with the sacred animals - the lion, the elephant, the peacock, and the horse.
For the next fortnight, we followed the Tsangpo. Fed by numerous streams from the nearby Himalayas, this river grows larger all the time, and the bigger it gets the more tranquil is its stream. Now the weather was continually changing. Within minutes one was alternately freezing or roasting in the sunshine. Hailstorms, rain, and sunshine followed each other in quick succession - one morning we awoke to find our tent buried in snow, which in a few hours melted in the hot sunshine. Our Europeans clothes were unsuited to these continual changes of temperature, and we envied the Tibetans their practical sheepskin cloaks, belted at the waist and with long wide sleeves to take the place of gloves.


訳:


チベットへ-19

我々は低い峠を幾つも越え、チベット人がツァンポと呼ぶブラマプトラ川の源流地帯に着いた。この辺は、アジア人巡礼にとって信仰上重要な土地であるだけではなく、地理学的にもとても興味深いところだ。というのも、インダス川・ストレジ川・カクスナリ川・プラマプトラ川の源流がある場所なのだ。チベット人はあらゆる名称に宗教を象徴する意味を与える慣習があり、これらの川の生も、それぞれ聖なる動物(ライオン、象、孔雀、馬)に結び付けられている。
次の二週間、我々はツァンポに沿って歩いた。ヒマラヤのふもとを源流とした幾つもの流れが注ぎ込み、この川はどんどん大きくなり、そして流れは緩やかになっていった。また天気はめまぐるしく変わった。ものの数分間で、凍えたり、太陽の光で焼けつく様な思いをかわるがわるした。雹を伴う嵐、雨、晴れが短い周期で繰り返した。ある朝起きてみると、テントが雪に埋もれていた、なんてこともあった。その雪も熱い日の光で数時間もしないうちに溶けてしまったが。我々ヨーロッパ人の服装は、このめまぐるしい気温変化に適していなかった。チベット人の着ている実用的なマント(胴で結び、広く長い袖が手袋代わりにもなる)が羨ましかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ