〜解説〜

1月6日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-20

Despite these inconveniences we made good progress, stopping whenever we came to a roadhouse. From time to time we had a view of the Himalayas, which surpass in natural beauty anything I have ever seen. We met fewer and fewer nomads, and the only living creatures we saw on the right bank of the Brahmaputra were gazelles and onagers. We were now approaching Gyabnak, the last name on the list of places mentioned on our travel permit. Further than this the authority of our friend in Gartok did not extend. The decision as to what to do next was taken out of our hands, for on the third day of our stay at Gyabnak a messenger arrived in breathless haste from Tradun and summoned us to go at once to that place. Two high officials wanted to see us. We had no regrets about leaving Gyabnak, which was so small that it hardly deserved to be called a place. It consisted of a single house belonging to a monastic official of the province of Bongpa. The nearest nomad tent was over an hour's march away. We started at once and spent the night in a lonely place inhabited only by wild asses.
I shall always remember the next day for one of the most beautiful experiences I have ever had. As we marched forward we caught sight, after a while, of the gleaming golden towers of a monastery in the far distance. Above them, shining superbly in the morning sun, were tremendous walls of the ice, and we gradually realized that we were looking at the giant trio Dhaulagiri, Annapurna, and Manaslu. As Tradun and the filigree towers of its monastery lay at the far end of the plain, we had many hours in which to enjoy the view of these mighty mountains. Not even the necessity of wading through the icy waters of the Tsachu dampened our exuberance.


訳:


チベットへ-20

この天候不順にも関わらず、順調に進むことが出来た。街道沿いに宿屋が見つかると必ず休憩した。時折ヒマラヤの景色が見えたが、今まで見てきたどの美しさも超越していた。遊牧民には滅多に遭わず、プラマプトラ川の右岸で見かけた生き物といえば、ガゼルとアジアロバ程度だ。我々は今やギャブナクに近づいているが、ここは通行許可証に書かれている地名リストの最後の所だ。ガルトクのガルポンの勢力範囲もここまでなのだ。これからのことの決定権は我々の手から取り去られた。ギャブナク滞在三日目にトラデュンからの使者が息を切らせて来た。我々はトラデュンに召喚されたのだ。二人の高官が我々に会いたいのだという。ギャブナクを去るに当たって何の名残惜しさも感じなかった。ここは村と呼ぶにも値しない小さな部落、ボンパ県の寺の役人が所有する家が一軒あるだけなのだ。一番近い遊牧民のテントまでも徒歩一時間を要した。我々はすぐに出発し、野生のロバしか棲まない寂しいところで夜明かしした。
翌日、私はいつまでも忘れないであろう美しい景色を見た。しばらく前進すると、遠くに金色にきらめく寺院の塔が見えてきたのだ。その上に、朝日に当たって豪華に輝く途方もなく大きい氷の壁があった。徐々にそれがダウラギリ・アンナプルナ・マナスルという三大高山だということがわかってきた。トラデュンや金線細工が施された寺院の塔は平原のずっと先に位置していたので、我々は何時間もこのすばらしい山々を楽しむことが出来た。途中、冷たいチャチュ川を歩いて渡らなければならなかったが気にならなかった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ