〜解説〜

2月7日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-22

We walked through a whispering crowd of servants into a good-sized room, where in the highest seats sat a smiling, well-fed monk and by him, at the same level, his secular colleague. A little lower down were seated an abbot, the monastery official from Gyabnak, and a merchant from Nepal. The merchant spoke a few words of English and acted as interpreter. They had prepared a bench with cushions so that we did not have to sit crosslegged on the floor like the Tibetans. Tea and cake were pressed upon us and questioning politely postponed. At last we were asked to show our travel permit. This was passed around and carefully studied by all present. There was a period of oppressive silence. The two officials slowly came out with their misgivings. Could we really be Germans? It was simply incredible that we should be escaped prisoners of war and much more probable that we were British or Russians. They made us fetch our baggage which was unpacked and spread out on the floor of the courtyard and then carefully examined. Their chief worry was the idea that we might have weapons or a transmitting set, and it was difficult to persuade them that we had neither. The only things among our possessions to arouse suspicion were a Tibetan grammar and a history book.


訳:


チベットへ-22

囁く召使達の間を抜けると大きな部屋があり、上座には笑みを浮かべた恰幅の良い僧侶と、彼と同じ位の世俗の高官が座っていた。少し低い席には、ギャブナクの官僚僧侶である僧院長とネパール出身の商人がいた。その商人は英語を少し話し、通訳を務めた。彼らはクッションを敷いたベンチを用意してくれていたので、チベット人の様に床に胡坐をかかなくてもよかった。まずお茶とお菓子が勧められ、その後、鄭重な質問が続き、最後に旅行許可証提示が求められた。許可証は全員に回され、各自詳細にチェックした。重苦しい沈黙がしばし続いた。二人の高官はゆっくりであるがはっきりと疑念を述べた。我々は本当にドイツ人であるのか?戦争捕虜収容所から逃げたことは信じがたく、むしろイギリス人かロシア人だ、という方がありそうなことだ、と。彼らは我々に荷物も持って来させ、荷を解き、中身を中庭に広げさせた。そして、丹念に調べ始めた。彼らの主な不安は、我々が武器や通信装置を持っていないか、ということで、そんなものを一切持っていないということを信じさせるのは容易な事ではなかった。彼らに疑いを引き起こした唯一の所有物は、チベット語の文法書と歴史書だった。


英語トップ前の解答へ次の解答へ