〜解説〜

2月22日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-23

It was stated in our travel permit that we wanted to go to Nepal. The idea seemed to please our questioners, and they promised to help us in every way. They said we could start on the following morning and by crossing the Korela Pass would be in Nepal in two days. This did not altogether suit us. We wished, at all costs, to remain in Tibet and were determined not to give up the idea without a struggle. We begged for right of asylum, hammered on the theme of Tibetan neutrality, and compared the situation of Tibet with that of Switzerland. The officials stubbornly, if courteously, insisted on the conditions laid down in our travel document. However, during the months of our sojourn in Tibet, we had become better acquainted with the mentality of Asiatics and knew that to give way early was against the rules. The remainder of our discussion passed off in perfect calm. We all drank endless cups of tea, and our hosts informed us modestly that they were there on a tax-raising journey and in Lhasa they were not such exalted persons as they seemed to be in Tradun. They were traveling with twenty servants and a great number of pack animals, so that one got the impression that they were, at the least, ministers.


訳:


チベットへ-23

我々の旅行許可証には、我々がチベットに行きたいと思っていることが書かれていた。このことが、質問者達を喜ばせ喜ばせ、彼らは全面的に協力してくれることを約束した。彼らは、我々は明日にでも出発出来、コレラ峠を越えれば二日以内にネパールに入れると言った。しかし、それは我々の考えに一致しない。我々はどんな代価を払おうともチベットに居続けたいと思っていたし、努力せずに諦めることなどしないと決心していた。我々は、政治的庇護を請い、中立国としてのチベットという点をスイスのそれを引き合いに出して強く述べた。高官達は、礼儀正しくはあったが、執拗に旅行文書が規定している状況に固執した。しかしながら、何ヶ月にも及ぶチベットでの滞在で、我々はアジア人の精神にやや慣れて来ていた。即座に諦めてしまうのは良くないのだ。残りの話し合いは穏やかに進んだ。我々は何杯もお茶を飲み、高官達は謙虚にこう述べた。彼らは徴税の旅の途中であり、ラサにおいては、トラデュンではそう見えるがごとくの様な高い身分では決して無い、ということを。彼らは二十人の召使を連れ、多数の荷運び用の動物と共に旅をしていれうので、少なくとも大臣クラスの人間ではないか、という印象を持たれてしまうのだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ