〜解説〜

3月13日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-24

Before taking our leave, we stated clearly that we wished to remain in Tradun a few days longer. The next day a servant brought an invitation to luncheon from bonpos - as all high personages are called in Tibet. We had a wonderful meal of Chinese noodles and I think we must have appeared to be starving, to judge from the masses of food they piled on our plates. We were greatly impressed by the skill which the Tibetans handled their chopsticks, and our astonishment was great to see them picking up individual grains of rice with them. Mutual wonder helped to create a friendly atmosphere, and there was much hearty laughter. At the end of the meal, beer was served and added to the cheerfulness of the gathering. I noticed that the monks did not drink it.
Gradually the talk veered toward our problems, and we heard that the authorities had decided to send a letter to the central government in Lhasa, communicating our request for permission to stay in Tibet. We were told to compose a petition in the English language, which the two officials desired to forward with their letter. This we did on the spot, and our petition was in our presence affixed to the official letter, which had already been prepared. This was sealed with due ceremony and handed to a courier, who immediately started for Lhasa.


訳:


チベットへ-24

我々は出立前に、トラデュンにもう数日滞在したいとはっきり述べた。翌日、召使がベンポ(チベットでは社会的地位の高い人は全てこう呼ばれる)からの昼食招待を伝えて来た。中国の麺を使ったすばらしい料理が出されたのだが、我々はよほど飢えていると思われたに違いない、というのも、皿に山盛り食べ物が盛られていたからだ。また、チベット人の箸を使う技量には感心した。特にご飯一粒一粒を箸でつかむのには驚いた。お互い驚くことで打ち解けた雰囲気が広がり、心から笑い合った。食後にはビールが出されたが、それでさらに場が陽気になった。ただ、僧侶達はビールを飲まないのに私は気付いた。
話題は徐々に我々の問題に変わって来た。彼ら高官達は、ラサの中央政府に、我々のチベット滞在許可申請を伝える書状を送ることに決めたとのことだ。さらに、英語での嘆願書作成を頼まれた。二人の事務官が、彼らの書状と共に送ることを希望していたからだ。我々は、その場で嘆願書を作成し、目の前ですでに用意されていた書状に添付された。それはそれ相応の儀式を行い封印し、急使に手渡され、彼はすぐラサに出発した


英語トップ前の解答へ次の解答へ