〜解説〜

4月12日出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-26

As we three sat alone in our house looking at all the gifts, we could hardly believe in our change of luck. Our request for permission to reside in Tibet was on its way to Lhasa, and we had now enough supplies to last us for months. For shelter we had a thick roof instead of a flimsy tent, and a woman servant - alas, neither young nor beautiful - to light the fire and fetch water. We regretted that we possessed nothing of worth which we might have sent to the bonpo in token of our gratitude. We had nothing but a little medicine to offer him, but we hoped for an occasion to express our thanks in due form. As in Gartok, we had here had occasion to encounter the courtesy of the nobles of Lhasa, in praise of which I had read so much in Sir Charles Bell's books.
As we were to stay for months here, we made plans for passing the time. We must without fail make expeditions in the Annapurna and Dhaulagiri regions and in plains to the north. But, a little later, the abbot, whose assistance the mayor had tried to enlist on our behalf, came to see us. He told us that our stay in Tradun had been approved only on the condition that we must never go further away from the town than one day's march. We could go on excursions wherever we liked, provided we were back before night. If we did not comply with these instructions, he would have to report to Lhasa, and that would no doubt prejudice our whole case.


訳:


チベットへ-26

家の中に座り、贈り物を見ていると、この運命の変化が信じられない気分だった。我々のチベット滞在許可申請書は現在ラサへの途上にあり、食料はたっぷりと供給されている。住処は薄っぺらいテントではなく、丈夫な屋根がある所だし、火を起こしてくれたり水を運んでくれるお手伝いの女性も居た(残念ながら、若くも美しくも無い人であったが)。悔やまれたのは、ベンポへの感謝の気持ちを伝えるしるしとなるものを何一つ持っていなかったことだ。わずかな薬は持っていたものの、それ相応の感謝を表す機会が欲しかったのだ。ガルトクでと同じように、ここでもラサの貴族に好意を受けた訳だが、それについては、チャールズ=ベル卿の著作でもよく読んでいた。
ここに数ヶ月も滞在することになるので、我々はどのように時を過ごすが計画を立てた。なんといっても、アンナプルナやダウラギリの地方、そして北の高原への遠征ははずせないと思った。しかし、ちょっと後になってから、我々のために村長補佐として協力しようとしていた僧院長がやって来、我々に許可されている行動範囲は、トラデュンから一日までの距離だ、ということを伝えた。どこにでも好きなところに行けるが、夜までには帰って来なくてはならない。もしそれに違反すれば、ラサに報告しなければならないとのこと。そうすれば、間違いなく我々の不利益となるだろう。


英語トップ前の解答へ次の解答へ