〜解説〜

6月19出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
Into Tibet-30

Aufschnaiter, losing patience, marched out one afternoon with his loaded sheep and pitched his camp a few miles away from Tradun. We helped him to carry his things there and intended to visit him the next day. Kopp also began to pack and the local authorities promised to give him transport. They were very pleased that he had decided to go to Nepal, but they disapproved of Aufschnaiter's behavior. From that day on, guards slept in front of our door. But the next day, to our surprise, Aufschnaiter came back to us with his baggage. His sheep had been attacked by wolves, which had eaten two of them. This compelled him to return, and so we three spent one more evening together.
On the following morning, Kopp bade us farewell. The whole population collected to see him off. So now, out of the seven of us who had broken out of the internment camp, five of whom had made for Tibet, only Aufschnaiter and I remained. We were the only mountaineers in the group, and consequently physically and mentally best fitted for the lonely and strenuous life in this bleak land.
It was now late November, and the caravan routes were no longer much frequented. The monastic official sent us some sheep and twelve loads of yak's dung for fuel - and we needed it, for the temperature was already -12 degrees Centigrade.


訳:


チベットへ-30

アウフシュナイターはついに我慢出来なくなり、ある昼、荷運び様の羊達を連れ出発、トラデュンから数マイル離れたところにキャンプを張った。コップと私は彼の荷物をそこまで運ぶのを手伝い、翌日もそこに行こうと思っていた。コップも荷造りを始めたし、地方役人達は輸送手段の確保を約束してくれた。彼らはコップのネパール行きの決心をとても喜んでいた一方、アウフシュナイターの行動には非難の意を表し、この日から我々の玄関の前に、警備兵が寝泊りを始めた。しかし翌日、驚いたことに、アウフシュナイターが荷物と共に我々の元に戻ってきた。というのも、羊達が狼に襲われ、二匹が食べられてしまい、戻らざるを得なかったのだ。そんな訳で、我々三人は、もう一晩一緒に過ごせるした。
翌朝、村人全員が見守ってくれる中、コップが別れを告げた。捕虜収容所を脱走した7人のうち、チベットを目指したのは5人だったが、今やアウフシュナイターと私だけになってしまった。この7人の中で、登山家は我々二人のみ、この荒涼とした大地の寂しく困難な生活が、肉体的にも精神的にも合っていた様だ。
11月も後半となり、隊商路には人影も疎らになった。寺院の役人が、我々に数匹の羊と、12包みのヤクの糞をくれた。これは必要としていたものだった、というのも、気温はすでに12℃となっていたからだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ