〜解説〜

7月10出題分
1人の方に解答をいただきました。どうもありがとうございました。
これは私なりの解釈です。答えは決して一つではないですので、「参考」という程度でお受け止めいただきたいと存じます。ご意見がございましたら、ぜひ掲示板あるいはメールでぜひお寄せください!
なじみの無い単語を解説したヒントも合わせてご覧ください。


Seven Years in Tibet :
The Village of Happiness-1

In spite of the wintry weather, we were more than ever determined to leave Tradun, with or without a letter of authorization. We started hoarding provisions and bought a second yak. But just in the middle of our preparations, the abbot arrived with the news that the long-awaited letter had come from Lhasa. What we had secretly feared had come true. We were forbidden to travel into Inner Tibet. The letter was not handed to us personally. We were merely told that we must not go by the shortest route to Nepal, but that we might march in Tibetan territory as far as Kyirong. From there it was only eight miles to the Nepalese frontier and seven days' march to the capital, Katmandu. We would be given transport and servants for the journey. We agreed at once to this ruling, as our route would take us somewhat further into Tibet, and the longer we remained on the right side of the law the better.


訳:


幸福の村-1

冬の様な天候ではあったが、許可証のある無しにかかわらず、我々のトラデュンを出る決心はますます強固になった。それで、食料を蓄え始め、二頭目のヤクも購入した。しかし用意半ばで、僧院長がニュースを持ってやって来た。待望の手紙がラサから届いたらしい。我々が密かに恐れていた事態になってしまった。チベット中央部へ入ることを禁じられてしまったのだ。手紙は我々に直接手渡されることはなく、ただ口頭で、ネパールまでの最短ルートを行く必要は無く、キロンまではチベット領内を行って良いと伝えられた。キロンからネパール国境まではたった8マイルで、さらに首都カトマンズまでは7日の距離だという。また、通行書の発行と召使の貸与も受けられるという。我々はこの裁定をすぐに受け入れた。というのも、幾分ではあるがチベットのさらに奥地へと進めるし、少しでも長く合法的に旅をする方が良いに決まっているからだ。


英語トップ前の解答へ次の解答へ